プロフィール

どみまり

Author:どみまり
傾向:同人誌的要素を多分に含む婦女子的ブログ。

好き:サイボーグ009、家庭教師ヒットマンリボーン、鋼の錬金術師、BLEACH、魔人探偵脳噛ネウロ、ブラックジャック、Studio Life、thirbe、処刑人、24

推奨CP:24、山ヒバ、ディノヒバ、一ウリ、コナマフ、ジャキリジャ、ル五、ハボロイ、エドロイ、ヒュロイ・・・・・・萌えは日々増殖傾向にあります。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■■拍手する■■
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
トーマの心臓
行ってきました!!本当はもっと早く観る予定だったのに、私の頭から時差やら日付変更線の存在が抜け落ちていて、やっと今日が私的初日でした。要するに帰りのチケットを間違えて取ったのね。うん。

で、トーマの心臓ってこの劇団にとってはやっぱり特別なんだなぁって実感した。もう役者の気合が違うし、この世界観を本当に大切にしてるってヒシヒシと感じました。

つーかさぁ、つーかさぁ、誰が何と言おうと舟見君のサイフリート、私は大好きです。なんかさぁ、まさにエキセントリックそのもの。すげーただならぬ雰囲気漂わせまくってたもの。思わずサイフリートコスしたいとか思っちった。あのサイフリートならユーリが惹かれたのも分かる気がする。誰にでも悪に惹かれる部分ってのは持ってると思うのね。例えばあれくらいの思春期の年頃って、慣れた仕草で煙草を吸う大人に憧れたり、友達の家に遊びに行くと嘘を付いてオールナイトで遊んでみたいなんて思うことってよくあることだと思うの。でもそんな好奇心で触れるにはサイフリートはあまりにも悪魔的だったのね。うん。

で、芳樹さんはやっぱりユーリでした。ベッドの端に腰掛ける悩める姿は、見た目にも原作のユーリが抜け出てきたような錯覚に陥るほど。やっぱりこの人には不幸の香りが良く似合う。

山本ユーリや他の事も書きたいけど、夜ももう遅いし、なんかなかなか寝付けない気がするので、そろそろベッドに行こうと思います。

明日は曽世オスカーだ。楽しみぃ~。

life01.jpg


あ、舟見サイフリート・・・・・・のつもりね。
スポンサーサイト



■■拍手する■■
Studio life | 2006/06/12(月) 01:41 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。