プロフィール

どみまり

Author:どみまり
傾向:同人誌的要素を多分に含む婦女子的ブログ。

好き:サイボーグ009、家庭教師ヒットマンリボーン、鋼の錬金術師、BLEACH、魔人探偵脳噛ネウロ、ブラックジャック、Studio Life、thirbe、処刑人、24

推奨CP:24、山ヒバ、ディノヒバ、一ウリ、コナマフ、ジャキリジャ、ル五、ハボロイ、エドロイ、ヒュロイ・・・・・・萌えは日々増殖傾向にあります。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■■拍手する■■
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
銀のキス
遅ればせながら「銀のキス」感想。


命。


この一言に尽きる。

バンパイアものを見ているというより、命について考えさせられる芝居でした。

誰にでも等しく訪れるなら。私は好きなことをやって楽しく生きたい。でも。誰にでも等しく訪れるなら。誰も傷つけたくはない。

それが私の思った事。



そして。

今回もやってくれました。深山君。何なんでしょう?あの人?もうね。永遠の半ズボンでいてください!!!オーバーオールも似合いすぎ!!!!

ドラキュラのルーシーといい、銀キスのクリストファーといい。純粋と狂気のバランスが絶妙だと思うわ。

クリストファーを想う時。やっぱりそれは、子供のまま何百年も生きるという苦悩。そして狂気。大人だけに許された喜びを知らない彼。はたして彼には恋愛感情というものを理解することができたんだろうか?生きた年数にかかわらず、子供の体にそういった感情って宿るものなんだろうか?人を愛する感情を理解できてもそれを成就することができなかったのか?私は、彼はその存在すら感じることができなかったんじゃないいかと想う。周りの大人たちが他の人間を愛する姿を見て、そこに何かがあるとわかっていても、それがどういった感覚なのかも理解することができなかったんじゃないだろうか。恋愛感情として誰かを好きになるって、女の場合だと子宮で感じるみたいな所あるし。男性にしてもそうなんだと想う。別に性的な意味合いじゃなくてね。だから未熟な身体のクリストファーには理解不可能な存在だったんじゃないかなぁ。と思う。だから彼はますます生と血への欲求に執着していったんじゃないだろうか。弟であるサイモンが自分の理解し得ない感情をもって、ゾーイを愛するのを彼はどんな想いで見たんだろう。きっと許せなかったに違いない。彼にとってサイモンはいつまでも弟であり、自分より劣る存在であったと思うから。自分よりも下の存在が、自分の理解すらできないものを手に入れた。それは屈辱だったに違いない。生への執着、血への欲求、弟への嫉妬、屈辱。そんな黒い感情の化身みたいだったクリストファー。だけど、死を前にした時のあの悲しげな表情。私には彼が自ら穴に落ちたように見えてしょうがない。彼にとってもやっぱり人間であった頃が一番幸せだったということだろうか。だとしたら、それを最期の一瞬でも思い出した彼は、幸せな死を迎えたんじゃないだろうか。きっと神は、ちゃんと彼のことも受け入れてくださる。そう信じたい。

そして。

そして忘れてはならない。この事実。

芳樹さん。やっぱりアナタは血を吸う側じゃなくて、吸われる側だったんですね!!!!!!

もうね。反則なくらいエロス。

でもさ。吸われる時はものすごいエロスなんだけど、吸うときは純粋な感じなのよね。エロスとは無縁な感じ。それはやっぱり。芳樹さんだからなんだろうなぁ。むふふ。

基本的に、舞台上での芳樹ダンスはちょっと苦手派なんだよね。実は。でも、今回は良かった!!ヴァンパイアに変貌する時も良かったし。最後に消えていく時も良かった。まさに陽炎のように儚い感じでした。

今回もライフワールドにどっぷり漬からせて頂きましたわ。次回はデイジー。なんか色んな意味で楽しみであります。
スポンサーサイト


■■拍手する■■
Studio life | 2006/12/22(金) 16:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ジャンプ!!
友達がね。私がいない間のジャンプを買っておいてくれるんだけど、今日はそれを取りに行きました。

そして笑顔と共に差し出されたジャンプ18冊。


ええ。


ええ!ええ!!



もちろん持って帰ってきましたとも!!!18冊全部!!!




しかし。



知りませんでした。





ジャンプ18冊って・・・・・・




こんなに重かったんですね。


腕がちぎれちゃうかと思いました。さすがのワタクシもタクシーで帰ってきました。つーか、タクシー止めるのも一苦労するほど重かった。


しかもタクシーの運ちゃん、途中でトイレ行っちゃうし。初めてよ。こんな経験。いや。いいんですけどね。そんなことは。


でもちょっと無用心じゃありませんか?車に客を残していくってのは。もう。私が悪人だったら売上金持って逃走してますって!!!



まぁ。



ジャンプ18冊抱えて、そんなに早く逃げられるとは思いませんけどね(笑)



というわけで。これからジャンプ18冊読破してきます!!!


■■拍手する■■
Studio life | 2006/12/19(火) 21:01 | Trackback:(0) | Comments:(2)
楽しい時間
土曜日に友人達と忘年会をしましたぁ。

やっぱり友達ってのはいいよね。この人達と一緒にいると、本当に素でいられる。何も飾ったりしなくていいの。そういう仲間がいるってありがたい。


■■拍手する■■
未分類 | 2006/12/12(火) 02:28 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ただいま!!
やっぱりニッポンが好き!!!

離れてみて分かる、生まれた国の素晴らしさ。うん。


■■拍手する■■
未分類 | 2006/12/06(水) 02:04 | Trackback:(0) | Comments:(3)
帰りま~す♪
明日の飛行機で帰りま~す。

昨日ね。旦那の友達の彼女が誕生日だってんで、皆で食事したのね。で、彼女の友達がいたんだけど。どうもどっかで見たことがある人なの。まぁ。私が個人的に知ってるスペイン人なんているわけもないし、きっと気のせいだと思って気にも留めてなかったのね。


ところが!!


当然!!


見たことあるに決まってる!!!





その人。




コンチータ・マルチネスさんでした。

コンチータ・マルチネスさんってのはウインブルドンでも優勝したこのとのあるテニスプレーヤーなの。ちょうど10年前くらいかしら。その頃すごいテニス見てた時期だから。見覚えがあって当然だったのよぉ。



嗚呼ビックリ。



まさに。



テレビで見た人と食事したった♪♪


話は違うんですけど。そこに旦那の高校時代の友達も来ていて、その人とは何年か前にも会ったことがあるのね。で、その人。私に会ってから日本人に興味を持ってくれたみたいなの。

なんて嬉しいじゃない♪♪

で、具体的にどういう風に興味を持ってくれたのか。



それは。






日本人のポルノをイッパイ見た♪♪





・・・・・・・・・・・・。




えええええええええええっ!!!




そこですか(爆)




いいけどね(笑)


■■拍手する■■
spain | 2006/12/04(月) 07:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スノーホワイト
実は小悪魔。

a15.jpg



拍手♪

アンコさん>いつもありがとうございます。励みになります!!甘凌いいですよねぇ。父親の敵と恋するってどんな気持でしょう?きっと切ないに違いない。萌えです(爆)


■■拍手する■■
weather A | 2006/12/04(月) 06:47 | Trackback:(0) | Comments:(0)
硫黄島
来週公開よね。オフィシャルのテレビ版予告を見た。西郷どんの。ちょっとアレだけで泣けたわ。

仕事柄ね。戦争の話は高齢者からよく聞いた。学徒出陣、特攻、玉砕、配給、闇市、チョコレート・・・・・・。あの中で生きていられたのが今でも不思議。皆が口をそろえて言う。

今でもどこかで、思想、宗教、自由、色々なことのために戦いが起きてる。人が人を殺す。同種で殺しあうのは人間だけという。しかし、人の命より重いものって何?きっとその人達にはそれは命より重いんだろう。そして私はそれを否定する術を知らない。

だけど思う。平和であってくれればいい。たとえそれが虚に描いた理想論にすぎなくても。



サイボーグ009で石ノ森先生がこんな文章を残してくれている。


人類の歴史をふりかえってみよう。
・・・・・・それは闘争の歴史である。
絶え間ない争いの日々と人々の血とちぎれた死体の上に炎で描かれた歴史である。

それは悲しみと後悔のうめきのじゅず球の歴史でもある。

それなのになぜ人々は争うのか?
本能・・・・・・とだれかがいう。人間はその血の中に争わずには暮らせない赤くにごった毒素を持っているのだという。
それは人間の病にも似た宿命であるという。
またそれは破壊と建設と文明の進歩のためのエネルギーであるともいう。

だとしたらそれはなんと悲しい血だろうか?

だとしたらそれはなんと多くの犠牲を強いる、恐ろしいエネルギーなのだろうか?

戦争とは必要悪なのだろうか?
それを除いては歴史のページをめくることもできないのだろうか?
そのページは赤い血の色でなければしるせないのだろうか?

その最後のページまで・・・・・・
最終の一字まで・・・・・・。

第一次世界大戦
第二次世界大戦。
そして・・・・・・
ページのおわりはもうすぐそこまで近づいている。



先生。赤い血でしるされた歴史は今も続いています。


■■拍手する■■
未分類 | 2006/12/01(金) 23:03 | Trackback:(0) | Comments:(5)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。