プロフィール

どみまり

Author:どみまり
傾向:同人誌的要素を多分に含む婦女子的ブログ。

好き:サイボーグ009、家庭教師ヒットマンリボーン、鋼の錬金術師、BLEACH、魔人探偵脳噛ネウロ、ブラックジャック、Studio Life、thirbe、処刑人、24

推奨CP:24、山ヒバ、ディノヒバ、一ウリ、コナマフ、ジャキリジャ、ル五、ハボロイ、エドロイ、ヒュロイ・・・・・・萌えは日々増殖傾向にあります。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■■拍手する■■
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ひぃぃぃぃぃ
引越した家の隣が神社なの。表通りからは想像がつかないくらい静かで、窓からはちょっとした林みたいなのが見えるのね。まぁ、静かで緑が多いのはいいんだけど、うちの灯りに向かって虫が飛んで来るんだよ!!で、うちの網戸にぶつかってはビビビビって音出すの。しかも網戸の隙間から小さい虫が侵入してくるしぃ。慌てて虫除け買ったけど、ちゃんと効いてるのかなぁ。潰して手応えのあるくらい大きな虫が入ってくるのは嫌よぉぉぉ。

それと、隣が神社で隣家がないのをいいことに、うちにはカーテンがありません。なのについつい癖で風呂上りに素っ裸でリビングに出て行っちゃうんだよねぇ。んで、窓に映る自分の姿にビクッとするんだよ。ここの前管理人さんが、目の前の非常用通路を掃除してたから、いつか誰かに目撃される気がする。やっぱカーッテン買おう。せめて寝室くらいにはカーテン設置しよう。明け方明るいし。ていうか、日本の家は一人だから危険だよねぇ。やっぱり。

ウタワラを見ました。どうやら私、落ちてしまったみたいです。○ノに。テヘッ。だってぇ、おてて繋いで出て来るんだもん。

明日は俺の悪友達がうちに来るんだぁ。粗大ごみをゴミ捨て場に持って行ってもらおう♪あ、男子よ。女子にそんな酷い事しませんもん(笑)
スポンサーサイト


■■拍手する■■
未分類 | 2006/07/31(月) 02:48 | Trackback:(0) | Comments:(0)
山ヒバ
今さら気が付いたんだけども・・・・・・スペインって何週遅れくらいでジャンプ入ってくるんだろう・・・・・・も、もしかして、私・・・・・・・雲雀戦リアルタイムで見れないんじゃぁ(泣)

reborn12.jpg



「痛そ」

「別に」

「強いねぇ、雲雀ちゃんは」


きっと雲雀はある程度の痛みはコントロールできる気がする。



yhissyou2.gif




■■拍手する■■
reborn | 2006/07/31(月) 01:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
拍手ありがとうございます!!
15時台の方、ありがとうございます!
17時台の方、ありがとうございます!
21時台の方、ありがとうございます!
22時台の方、ありがとうございます!!イラストお褒めいただき感謝感激でございます!!!
23時台の方、ありがとうございます!

本当に励みになります。ありがとうございましたぁ!!!


■■拍手する■■
未分類 | 2006/07/31(月) 01:50 | Trackback:(0) | Comments:(0)
パックと愉快な中間達
なんかこんな想像ばかりが膨らんでいくんですけど(爆)しかも、もはや『豆の花』の花の要素が抜け落ちて、ただの『豆』になっとります。

誰か想像力の乏しい私の頭の中をどうにかしてください(笑)

life07.jpg




■■拍手する■■
Studio life | 2006/07/30(日) 14:29 | Trackback:(0) | Comments:(0)
リンク
素的なblog様にリンクさせて頂きました。

杏さん『viva,life!』
毎日の更新、本当に尊敬です。早く私の誕生日が来ないかと指折り数えて楽しみにしていたりします。lifeの話題も愛に溢れていて、共感する部分がたくさん!!

ミモザ☆さん『ミモザの森のチェシャ猫館』
舞台の感想が本当に素晴らしくて。私が言葉に出来なかったことを、そのまま代弁してくださってる気がしてなりません。私もこれくらい表現力があったらなぁと思います。

どちらも本当に素的で、実はストーカーのように覗いてたblog様だったんでございます。そのような方々にリンクしてもらえるなんて、私は本当に、本当に幸せ者。


■■拍手する■■
未分類 | 2006/07/30(日) 12:21 | Trackback:(0) | Comments:(5)
ビバ!オフィシャル!!
なんかネット離れしてる間にリボーンも大変なことになってますね。あれはもうオフィシャルと言っていいですよね?ありがとうジャンプ、ありがとう天野先生、山ヒバをありがとう。

山ヒバを愛してて良かったよ。うん。雲雀光臨のあのタイミング。山本の様子を見に帰ってきたとしか思えません。そしてやっぱり雲雀のトンファーを止められるのはもっさんだけだった。んでもって、もっさんの顔!!何なの!?その優しげな眼差しはぁぁぁぁ。ごっくんにだってそんな顔したことねぇべ??しかし、雲雀受け全開だな。骸雲、ディノヒバ、シャマヒバ・・・・・・何でもござれな感じ。これじゃもっさんも心配でさぁねぇ。でも、きっと雲雀にはもっさんだよ。だって、どんなにトンファーでボコ殴りにされても、ヘラヘラ笑って『ヒデッ』とか言ってそうだもん。きっともっさんは雲雀のトンファーなんか止められるんだけど、あえて止めないんだよ。愛だね。愛。雲雀はさぁ、素直じゃないし、じゃじゃ馬だけど、もっさんはヘラヘラ笑いながら受け止めてくれるんだよねぇ。きっと。

reborn11.jpg


あ、鼻血な雲雀が描きたかっただけです。



yhissyou2.gif




■■拍手する■■
reborn | 2006/07/30(日) 02:00 | Trackback:(0) | Comments:(3)
うめ~~!!
森は生きているの帰りに食べた『マンゴーかき氷』これ美味いよ!!ボリュームあるんだけど、全然しつこくないの。サッパリ系のスイーツが好きな私にとって、糖朝のスイーツに続く美味しさなのでした。

200607292200000.jpg


左がマンゴーかき氷、右がいちごかき氷。どちらも美味。



■■拍手する■■
未分類 | 2006/07/30(日) 00:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ワウでイピーな夏の終わりのフェスティバル
私がネットから遠ざかってる間にオフィがイロイロ更新されとった。

プロフィールの写真が変わっとった。ずいぶん長い間変わってなかったもんね。個人的には好きよ。前の写真は、何か可愛いさを前面に出してみたんだにゃん♪的な雰囲気だった気がするけど、今回は皆めっさ男前。ちとホスト部っぽいけど(笑)しかしだね、んなホスト部があったら通うよ。そして松本君の写真に一票を投じたい。『姉さんがアンタをナンバーワンにしたる!!』な勢いでドンペリとかいれる。きっと。そしてシャンパンタワーとかする。しまいにはドンペリコールされて良い気分になる。嗚呼、楽しそう(笑)私思うに、松本君は可愛い役じゃなくて、カッコイイ役が似合うと思う。と女性誌の写真を見たときから思っとったよ。あ、もちろん芳樹さんはそれはそれは麗しい感じでございます。芳樹さんは恐れ多くて指名できそうもありませんけど(笑)だって、あんな顔が近くにあったらドンペリ飲むどこじゃないもんね。

そして夏夢のページができとった。そのページをじっと見つめてみた。ん?・・・・・・・んんん???な、何?その人物相関図(汗)えっとディミートリアスからライサンダーに矢印が・・・・・・・えっと片思いの矢印が・・・・・・しかも後半で矢印が反転しとる・・・・・・・・・・・・がはっ(吐血)えっと、そういう着地点なわけですね。はい。普通にはならないとは思ってたけどさ、こう来るとはいくら性根の腐敗した私でも思いつかなんだ。こんなんなるなんてわかったら、もう妄想の羽がバッサバッサと翼広げちゃいますよ。まさに秒読み開始状態でございます。

なんか立方体から離れて自由だねぇ。やっぱ劇団とかはさ立方体な箱に押し込められちゃいかんよね。自由に形変えられるくらいがいいと思う。

ララ学園祭つーのがあるらしいのね。ララカフェつーのでおもてなししてくれるらしいのね。誰が来るんだろう。気になるっちゃ。もういっそさ桜蘭高校の制服着てくれればいいのに。そんでホスト部してくれればいいのに(結局ソコかよ・笑)芳樹さんが鏡夜で、環が王子。だって王子だから(笑)どう??しかもココ、コスできるのね!!!ああああああ!友達に頼んである桜蘭高校の制服、9月に出来上がるんだよぉぉ。ちょっとコスしてララカフェに行ってみたかった(爆)最近コスから離れてるからなぁ。たまにはイベント参加したいの。夏コミ最終日あたりできるかなぁ。ま、まぁ、私のコスの話はイイとして、ライフで桜蘭高校ホスト部やってほしいです(笑)

『森は生きている』観にいってきました!!いや~~素晴らしかった。王子と青木君が!!!笑わせてもらいました。トイレで少女達が『あの二人は男の人よね?』なんて話してて、結構評判良いっぽかったし。あとバンビーノに出てた篠田君が可愛かった。そして今日は劇団員さんオンパレードで見に来てらっしゃいましたね~~。しかも同じ列の数席横に芳樹さんがいらしてて、私達はかなり縮こまってましたけど(笑)

other05.jpg




■■拍手する■■
Studio life | 2006/07/30(日) 00:19 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ただいま!!
引越しも一段落して、やっとネットに接続できました!!!いや~~ネットのない生活って何て健康的なんだろう(笑)睡眠はちゃんと取れるし、何と言っても目がショボショボしない(笑)

このネットから離れている間にも、私はイロイロと楽しいことをしておりました。

まずthirbeのライブに行った。

16日のLamama。また迷った。2回目だよ。前回は駅と反対方向を2時間さ迷い、さすがに泣きそうになって、マンキで検索し、マンキを5分で退出。しかも着いた時にはthirbeは最後の曲だった・・・・・・なんてことがあったなぁ。その教訓を生かし今度こそは!!と思ったものの、渋谷駅を出た途端に『ヤベッ。わかんねぇ』だいたいの方向だけは合ってたので、客引きのギャル男風の男子に道を尋ね、さらにコンビニで助けを求めて、やっとこさっとこ到着したのであります。まぁ、thirbeの出番には間に合ったから結果オーライ??一緒にいたKちゃん連れまわしてゴメンネ。物販で辻さんにも『普通迷わんけどね』って・・・・・・・そりゃそうですね。いませんよね。2回も迷うヤツ。でもそれが私。だからしょうがない。

26日のclub251。ちゃんと行けた。だってさ、辻さんのバースデーイベントだもの。ちゃんと行ったさ。ライブには懐かしい元N人バックバンドのケイスケさんとさいちゃんがバンド組んでて出てたし。現役N人バックダンサーのターボーもMCで参加しててさ。なんか『少しの間でも懐かしかったよ』な気分でした。今だにそういう昔の繋がりが生きてる様子を垣間見れてスゲー嬉しかった。私ってばもうthirbeのライブが好きでしょうがないんすよ。彼らの音が完全に私の身体を支配する。なんていう瞬間がたまらなく好き。本当に大好きな音と空間です。

つーかねぇ。私ってもうすぐスペイン行っちゃうわけでしょ?まぁ、ライフの公演には帰ってくるつもりなんだけど、今までのようにthirbeのライブに参加できないと思うと、切なくってしょうがないんですよ。だってさ、私、この人大好きなんだ。それは役者さんとかキャラに対する気持とは完全に違うもので・・・・・・・。たぶん恋だな。うん(爆)あ、キモイね。ゴメンネ。

彼に限ったことじゃないけど、役者やミュージシャンって基本的に不器用だと思う。あ、手先がとかそういう意味じゃなくて。時々、社会を生きていくのがすごく大変なんじゃないかなぁ。とか思っちゃう。でも表現者ってのはそれでイイと思う。不器用だから、何かを伝えるのに手段が見つからないから、だから表現者なんだと。器用に世の中渡っていける人なら、何かを表現する必要などないわけで。

・・・・・・以上。なんか照ッ。

あとアラ○の夏コンに行った(なんとなく伏字・笑)

友人の好意で見にいけたんだけど、ジャ○ーズのコンサート初体験してきました!!(NARUTO除く)いや~~すごいね。キラキラしてたよ。ステージが動いてたよ。テレビに出てる人たちが目の前で踊ってたよ。つか、この5人めっさ可愛いね。つかつか、腐女子的にはタマラン人たちやね。きっと私は○ノが好き。細っこいし。ミニだし。自由だし。そんなこんなで友人に妄想メールを送りまくった。CP的にはかなり隅っこな感じで(笑)なんかねコンサートの最後のほうは、もう気分はディズニーランド。エレクトリカルパレードでミッキーに手振ってる気分。わけわからんけど何かウキウキすんじゃん!!みたいな??エンターテイメントにおいてディズニーに対抗できるのは、ジブリじゃなくてジャ○ーズかも(爆)ジブリはスゲー偉大だけど、もっと違うジャンルのような気がする。そんな感想。

ジャ○ーズもインディーズも同時に楽しいと思うって変?誰かさんが良い音楽はアンダーグラウンドにある。なんつってたけど、やっぱ楽しいモノは楽しいと思う。そこに素晴らしい音楽があるかどうかなんて私には関係ない。つか、私が素晴らしいと思ったら、すれはもう素晴らしいんだし。しかもそれを語るほど私の耳が肥えてるとも思えないし。要するに、私が楽しいと思ったら楽しいのだ。理屈なんかどうだっていい。私は目の前にある楽しいことを精一杯楽しむだけなんだ。

それから家具とかがイロイロ届いた。タンスとか洗濯機の棚とか。自分で組み立てました。全身筋肉痛だよ。でも俺ってやればできるじゃん!!なんて変な自信をつけちゃって、今日も通販な一日を過ごしてしまいました。来週また荷物が届くなぁ。楽しみ。通販はイイです。


■■拍手する■■
未分類 | 2006/07/29(土) 00:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)
会社からこそこそ
ネットの開通が28日です。なので会社でコソコソ(汗)

と、とりあえず、こっそり叫んどきます。



山ヒバがついにオフィシャルになりました。祝。


■■拍手する■■
未分類 | 2006/07/18(火) 18:40 | Trackback:(0) | Comments:(3)
明日
引越しです。

何もしてません!!(断言)


ヤバくね??マジヤバくね??????つかさ、オデ、引越し先でちゃんとネット設定できんの?????無理よ。オデ無理よ。電脳生活なしなんて無理だわよ。ケーブルでやればいいのかな?すれば京都チャンネルとか見れんのかな???なんて世間知らずなオデなんだろう・・・・・・ギャフン。

つことで明日から2、3日更新滞ります。しばしヨサナラ~~


■■拍手する■■
未分類 | 2006/07/15(土) 00:54 | Trackback:(0) | Comments:(0)
夏夢
甲斐さんとこのブログ。大阪でも打ち上がったんですねぇ。って、芳樹さん・・・・・・あなたまたそんな無防備な格好を・・・・・・。その後は東京(あれは東京?)でもどこぞやで打ち上がったようで。また写真が・・・・・ぶはっ。窓の外を見てふけってる芳樹さんの隣で、高根さんが煙草をふけってればいいと思う。きっとそうだといいと思う。

ふなみんのブログがめっさ可愛いよ。うん、君にはピンクが似合うよ。彼以上にピンクが似合う男がいるだろうか、いやいない(断言)

私にとって『夏の夜の夢』と言ったらシェークスピアでもオペラでも何でもない。劇団つきかげプラス一角獣だったりします。パックは北島まやだし、ライサンダーは青木麗なのです。パックは役作りでボールかなんか投げられちゃって反射神経を鍛えちゃったりするんです。そして麗は自分をかなぐり捨てての美しき”男”ライサンダー。もちろん舞台は野外劇場。つきかげプラス一角獣もかなり異色な『夏の夜の夢』だったけど、さてはて我らがスタジオライフはこの作品をどう調理してくれるのでしょうか。しかも歌って踊っちゃうわけで・・・・・・なんかもう楽しみ、つーかちょっと恐い???(笑)あ、でもすんごいワクワクしてるよ。

other04.jpg


原作ってどうなってんの???もう紅天女より速水真澄とまやがどうなるかだけ教えて。それより、深夜のアニメ、麗(というかオール巻き毛キャラ)がストレートヘアってのは頂けなかったなぁ。


■■拍手する■■
Studio life | 2006/07/15(土) 00:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)
縁側3
『食べ・・・・・・ない・・・・・・』

reborn10.jpg


さらに続きます。

yhissyou2.gif




■■拍手する■■
reborn | 2006/07/14(金) 23:35 | Trackback:(0) | Comments:(0)
縁側3
『雲雀ちゃ~ん、すいか・・・・・・』

reborn09.jpg



縁側シリーズ、もう少し続きます。


■■拍手する■■
reborn | 2006/07/14(金) 00:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)
縁側2
チリーン。

reborn08.jpg




■■拍手する■■
reborn | 2006/07/13(木) 21:40 | Trackback:(0) | Comments:(2)
縁側
だって夏だから。

reborn07.jpg




■■拍手する■■
reborn | 2006/07/13(木) 19:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ベスト
ベストってずるい。

雲雀にしろ、シュロッターベッツ生にしろ(主にユーリだが)、なんでそんなにベストって萌えるんだろう。


■■拍手する■■
未分類 | 2006/07/12(水) 02:07 | Trackback:(0) | Comments:(0)
サイフリートという人
ふなみんのサイフリートが大好きだ。ご本人も含め、大半の人が意外と思っていたに違いないこの配役。意外どころか不安にさえ感じていた人も少なくないと思う。もちろん私も含め。まず最初に思ったのは『ふなみんに攻めキャラはどうなの?』ってこと。まったくもって単純な腐女子的な発想ですが、そんな単純な考えしか頭に浮かばないくらい意外だったんです。ところが蓋を開けてみれば、こそにいたのは紛れもなくサイフリートでありました。

 彼のサイフリートからは、きっと彼なりにユーリを愛していたんだと思わせる哀愁めいたものを感じました。
 サディスティックという彼の悪魔的な部分は、愛するものを服従させることでしか、欲望を満たすことができないんだと思う。だからユーリを跪かせ、キリストではなく自分の足に口付けさせた瞬間に(キリストを欺き悪魔の足にキスするなんてユーリには一番の屈辱に違いない)、サイフリートは自己の欲望を満たしたんだ。もしかして、ユーリを服従させることに、彼はキリストが服従する姿を投影したんじゃないだろうか・・・・・・。とすれば、ひどく屈折してはいるけれど、彼もまた神を愛していたのか??愛すれば愛するほど、拒絶し否定し、自分の下に服従させることで究極に登りつめる・・・・・・みたいな?とまぁ、かなり飛躍した解釈だとは思うし、オデって深読みしすぎ??とか思うけど、だって舟見サイフリートのことを思うと、彼の複雑な人間性にどんどん考えが巡ってしまうんだもの。まるで終わりのない螺旋を巡ってるよう。
 普通に考えれば、サイフリートは『信仰なんて安易でご都合主義なもの』という持論を実証しただけと思えばいいんだろうけど、舟見サイフリートはその枠を遥かに乗り越えちゃってるのね。私の中で。
 でもって、もう少し語ると、サイフリートの手を噛む癖。あれっていつからなんだろう?私思うに、母親に関係してるんじゃないかと(っておい!!私の中で完全にサイフリートが一人歩きを始めたよ)。例えば何らかの形で母親に裏切られた時とかに、心の痛みを手を噛むことで実際の痛みに置き換えた(というか相殺しようとした)行動とか。それだと何だか辻褄が合わない気がするけど、きっとそれは彼が成長していく過程の中で、その癖が欲望だとか衝動、抑圧なんてものと繋がっていくんじゃなかろうか(て、勝手にまとめるオデ)。
 で、話を戻すと、ユーリを拷問する際に手を噛む癖が登場するわけだけど、ギーゼンで偶然にもユーリを見たとき、ユーリを服従させた瞬間の感覚が蘇ったんじゃなかろうか。で、再び手を噛んだ。でもユーリは逃げ出してしまうわけで・・・・・・。サイフリートがユーリを服従させることに、神の服従を投影していたのだとしたら、彼はもうその時以上の感覚は味わえないのね。サイフリート自身も、あの甘美で恍惚とした瞬間は再び訪れないだろうと知っていて、それで『俺は忘れないぜ』のセリフなんだと思うわけです。だからよけいにあのシーンが私には切なくてしょうがなかった。
 事件前のユーリが光だったとするならば、サイフリートは影。光がない所に決して影は出来ないわけで、サイフリートとう影もユーリという光がなければ存在しえないんではないだろうか。あくまで対照的。でもどこまで行っても対なんだよね。ていうかね、オデも何言ってるのかわかりません。それほど彼は複雑だ。
 でもね、最後にこうなればイイと思う。神学校を卒業したユーリが再びサイフリートと再会するの。そしてユーリの隣にはオスカーがいればいい(結局そこなのね)。一瞬身体を強張らせるユーリで、オスカーもそれに気づいて、サイフリートとの間に立ちはだかろうとするのね。でもユーリはそれを制して、サイフリートに言うの『君に神の加護があるように祈るよ』とか何とか・・・・・・。ユーリは再び光の中を歩きだしていて、その態度はあくまで凛としていて・・・・・・。これはサイフリートの完全な敗北。サイフリートの影はますます色を濃くし、ユーリは眩いばかりの光を纏う。さらに極まる光と影のコントラスト。うん、素的。

サイフリートについて思っていることの半分も文章にできず、同時にかったるい余計な文字ばっかり書き連ねた気分。自分で書いておきながら、そうなんだ!!っていう強い気持と、やっぱ間違ってるかもって思う弱い気持が混同してる。でも、書いた!!俺書いたよ!!今の俺って最高に熱くね??という爽快な気分も混じってたりする。言葉って難しい。人間って難しい。そしてやっぱりサイフリートも難しい人だ。

life06.jpg


『素的だよ。その黒髪』



■■拍手する■■
Studio life | 2006/07/12(水) 02:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
グスッ
ふなみんのブログ読んで泣けた。

私の中にも舟見サイフリートへの想いって結構大きかったりする。近いうちにサイフリートについても語りたいなぁ。


■■拍手する■■
Studio life | 2006/07/11(火) 01:47 | Trackback:(0) | Comments:(2)
僕の学校で何してるの?
僕の学校で何してるの?僕の学校で何してるの?僕の学校で・・・・・・

もう頭の中でこのフレーズがコダマしまくってます。やっと・・・・・やっと雲雀が・・・・・・光臨です。あの登場ずるい。カッコ良すぎるよ。もう本屋で悶えまくった。一緒にいたKちゃんごめんね。挙動不審すぎてちょっと引いてたよね。

つーかこのタイミングでの登場って、アナタ!!山本の出番を待っていたかのような・・・・・・。ディーノさんとの手合わせも終了したようで、これでもっさんも試合に集中できるってもんよね。だって、いくら天然のもっさんとはいえ、あのディーノさんとあんまくっ付けておきたくはないと思うわけよ。姉さんは。

でね、やっぱりディーノさんとの手合わせがどうなったのかも気になるのね。あんな死闘を繰り広げたわりに傷一つないし。恐るべし雲雀。


reborn06.jpg


『僕の学校で何してるの?』

山本『よっ。手合わせどうだったぁ?』

雲雀『君には関係ない』

山本『相変わらずつれないねぇ。雲雀ちゃん』

軽く雲雀の肩を抱く山本。もちろんトンファーで瞬殺(笑)

山本『ひっでぇ。俺、明日試合なんですけど』

雲雀『だから?』

なんてことになればいい。




■■拍手する■■
reborn | 2006/07/11(火) 00:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)
大楽
今日は大阪千秋楽だよね。昨日の夜中まで遠征しようか悩んでたけど、今回は涙を呑んで自粛しました。でも正解だったかも。タイ旅行の疲れか、ドリエル飲んで寝たからなのか、起きたの5時でした。あ、朝の5時じゃないですよ。夕方の5時ね。18時間眠り続けたのね。

それにしても千秋楽はどうだったんだろう。もちろん素晴らしい舞台だったろうことは想像できる。嗚呼、きっとカーテンコールもすごかったんだろうなぁ。芳樹さん、きっと東京以上に感極まった感じだったんだろうなぁ。うっうっうっ・・・・・・観たかった。

公演中にも増して山本ユーリと高根オスカーが愛しくてしょうがない。完全に私の頭の中で一人歩きを始めていたりします。ミュラー校長が倒れた時の舎監室での出来事。高根オスカーの手にそっと手を重ねる山本ユーリ。高根オスカーがその手を引き寄せ、山本ユーリを抱きしめる姿を何度夢に見たかわからない。そういう雰囲気があの二人にはあると思う。神学校を卒業したらきっとオスカーのもとに帰ってほしい。だって、愛し愛されることの喜びに気づいたユーリは、神に祈るだけじゃ満足できないと思うんですよ。神はいつでも愛していてくれるけど、それは傍観者としての愛だと思うし。神学校に行くことで、オスカーと離れることで、今までいつでもすぐ近くにあった彼の愛の大切さに気が付けばいい。そして神学校の卒業式(神学校に卒業式というものがあるのか知らないけれど)を終えたその足でオスカーに会いに行けばいい。きっと前もって葉書か何かで『君に会いに行くよ』なんて知らせてあって、オスカーは駅まで迎えに行くんだわ。再会したオスカーは少しだけ大人になってて、髪も前より長くなったりしてる。もちろん見慣れた制服なんか着てなくて、カッチリしたスーツを少しラフな感じに着こなしてたりして。きっと朝何度も鏡の前で確認したに違いない。だって、あんなに求めたユーリに会えるんだもの。そしてお互いの姿を確認した二人は、どちらともなく駆け寄って、ユーリはオスカーに抱きつくような形で、オスカーはそれをしっかり受け止めて抱きしめる。それは、それだけで離れていた数年を埋めるには充分すぎる抱擁。いつまでも抱きしめあっていたい二人だけど、それじゃ話もできないし、オスカーがそっとユーリの身体を離して『お帰り』とか言うの。ユーリはちょっと涙ぐんでて、ううん、むしろ泣いててもいい。そして柔らかに、果てしなく透明に微笑んで、こくりと頷くわけ。で『神学校でいろいろなことを考えたんだ。トーマのこと、エーリクのこと、そしてオスカー、君のこと。そして気が付いたんだ。僕の求め続けていたものは、いつでも僕のすぐそばにあったことに。手を伸ばせば触れられるほど本当にすぐ近くに。オスカー、僕は君がいなければ生きていけない』なんつーことを言うのよ。そして二人は末永く幸せに暮らしましたとさ。ちゃんちゃん。って、完全に暴走気味ですね、私。まぁ、こういう性分だからしょうがないですね(笑)

こんなん書いてる間にだいぶ時間がたってしまいました。もう千秋楽も終わったでしょうね。でも私の想いはまだまだ止まりそうもありません。


■■拍手する■■
Studio life | 2006/07/10(月) 00:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。