プロフィール

どみまり

Author:どみまり
傾向:同人誌的要素を多分に含む婦女子的ブログ。

好き:サイボーグ009、家庭教師ヒットマンリボーン、鋼の錬金術師、BLEACH、魔人探偵脳噛ネウロ、ブラックジャック、Studio Life、thirbe、処刑人、24

推奨CP:24、山ヒバ、ディノヒバ、一ウリ、コナマフ、ジャキリジャ、ル五、ハボロイ、エドロイ、ヒュロイ・・・・・・萌えは日々増殖傾向にあります。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■■拍手する■■
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
トーマの心臓5
終わっちゃった。トーマ終わっちゃった。今日は東京千秋楽。大阪の遠征も無理そうなので、私のトーマは今日のゼーレで終了しました。寂しい。寂しすぎる。私の心の中はまだまだ山本ユーリへの愛でイッパイだというのに・・・・・・。明日からは紀伊国屋に行っても、そこにシュロッターベッツはないのね。この一ヶ月、まるで夢の中にでもいたような気分。たぶんきっと、私は当分この夢から覚めることは出来ないんだろう。しかし考えてみれば、それはそれで幸せなこと。しばらくは素的な、本当に素的な思い出を胸に日々を送ろう。生活??そんなものは召使にまかせて・・・・・・夢を見たまえ!!そういうこと。なんかいろいろ語りたい気分だけれど、どうも私は言葉で表現するということがひどく苦手なようだ。だから徐々にちょっとづつ、自分の言葉が見つかった時に、この思いを吐き出していけたらと思う。だけど、明後日からまた海外・・・・・・。そんな私の野望が実現するのは少し先になりそう。

ホントに、ほんとうに、本当に素的な舞台をありがとう!!うん。そういうことなんだ。
スポンサーサイト


■■拍手する■■
Studio life | 2006/06/30(金) 01:12 | Trackback:(0) | Comments:(0)
雲雀
お題を更新したい。けどトーマが終わるまでは無理ねぇ。

仕事から帰ったら異様に眠かった。気が付いたらテーブルの下で寝てました(笑)

reborn05.jpg




■■拍手する■■
reborn | 2006/06/28(水) 02:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)
シュロッターベッツ購買部
いや~この前、シュロッターベッツ購買部(物販)に曽世オスカーがいたんです。そりゃもう買うしかないでしょ。早速ちょうど未購入だったパンフを曽世オスカーから購入。う、う、美しいぃぃぃぃ~~。あの顔を間近で見るのはヤバイですよ。卒倒寸前でした。当たり前だけど、ちゃんとコッチ見てパンフ渡してくれてね、もうあたしゃ恥ずかしくて『コッチ見ないでぇぇぇ。で、でも見て・・・・・・』とわけのわからない呪文を心の中で叫んでましたよ。ちょっとキモイですね。でも、本当にカッコ良すぎて、まともに顔すら見れませんでした。あれは夢だったのかとさえ思えてくる今日この頃です。

別の日には小野リーベからイメージフォト3枚と写真とマグカップ2個を購入。さすがシュロッターベッツの生徒、ちゃんと暗算で値段即答。しかしやや不安だったのか『一応計算します』と計算機で検算してくれました。もちろん間違ってなかったです。藤原ミュラー校長が『学力よりも親の寄付で入学してきた生徒』なんて表現してましたけど、いやいや優秀な生徒さんでした。

トーマ公演の良さってのは、こういうロビーや物販の雰囲気も大きな魅力の一つだと思う。会場に入った瞬間から、そこはもうシュロッターベッツの校内だと感じさせてくれる。劇中ではバザーは中止になっちゃったけど、きっとこんな雰囲気なんだろうなぁ。


life05.jpg


『ありがとうございます。袋はご利用になりますか?』

『あ、あ、あわわわ。は、は、はい、お願いしますぅ』

すっかり曽世オスカーに翻弄される私なのでした。


■■拍手する■■
Studio life | 2006/06/26(月) 00:43 | Trackback:(0) | Comments:(2)
10年後??
10年後?山本。たぶん場所はイタリア。

とにかくモッサンはカッコイイ。天然なのにやる時はやる!!みたいな所がイイ。そんなゴリゴリじゃないあたりが雲雀も惹かれちゃう理由なんじゃないかなぁ。

reborn04.jpg




■■拍手する■■
reborn | 2006/06/25(日) 23:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)
指輪
テレビで『ロードオブザリング』やってましたね~。やっぱり私はメリーとピピンが好きです♪

other01.jpg




■■拍手する■■
未分類 | 2006/06/25(日) 22:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)
トーマの心臓4
♪だ・れ・か・ロマンチック・と・め・て ロマンチック・・・・・・♪もう誰か本当にとめて下さい。山本ユーリへの愛が止まりません。

サイフリートの鞭打ちのシーン、山本ユーリの声が・・・・・・日に日にエロスを増している気がします。しかも相乗効果なのか、舟見サイフリートのエロスも半端ない。観てるコッチはドキがムネムネですよ。つーか、はぁはぁします。

山本ユーリが松本エーリクの頬を叩いた後の、ユーリのキュッと結ばれた手がイイ。

手といえば、山本ユーリが曽世オスカーの手に手を重ねる所。オスカーの親指がね、微妙にユーリの指を撫でてる・・・・・・つーか、愛撫してるように見えるのは私だけか・・・・・・(爆)うん、たぶん私だけですね。月曜は久しぶりの高根オスカーなので、こちらも手の動きに注目したい。うふ。

life04.jpg




■■拍手する■■
Studio life | 2006/06/24(土) 00:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)
トーマの心臓3
17日のゼーレは本当に素晴らしかった。総てがうまく噛み合っていたという感じ。それは舞台上だけでのことではなくて、私の精神状態や体調を含めて。役者一人一人が素晴らしい演技をし、それが調和し、時に優しく、時に激しく訴えかけてきたし、受け取る私もつぶさに感じ取れる精神状態と体調を備えていたと思う。両脇に他の観客がいることさえ忘れるくらい、トーマの世界に引きずり込まれていました。そういう私自身のことも含め、総てがぴたりと、まるでパズルのピースを合わせるように上手くはまることって、そうそうあるもんじゃない。そういう体験をしたと思う。そしてそれら総てを象徴していたのが、最後に舞い降りた天使の羽。本当に、本当に綺麗にゆっくりと、横に流れたりせずにヒラヒラと真っ直ぐに舞い降りていました。もちろん会場からは割れんばかりの拍手。客席のライトが明るくなってからも拍手は鳴り止むことは無く、楽までまだ2週間近くあるというのにカーテンコールで全員揃っての挨拶がありました。フリューゲルの初日にもカーテンコールはあったけど、それとはまた種類の違うものだったように思う。本当に素的な物を観たという気持でいっぱいの17日ゼーレでした。のこり後半戦、こういう奇跡が再び起こることをとても楽しみにしています。

life03.jpg


僕の翼、あげる。


■■拍手する■■
Studio life | 2006/06/19(月) 01:24 | Trackback:(0) | Comments:(0)
トーマの心臓2
life02.jpg



どこまでが山本芳樹でどこまでがユーリなのか・・・・・・・そんな境目なんか超越して、互いに互いの部分を共有している。そんな風に思えるほど、彼はユーリそのものでありました。


■■拍手する■■
Studio life | 2006/06/16(金) 01:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)
トーマの心臓
行ってきました!!本当はもっと早く観る予定だったのに、私の頭から時差やら日付変更線の存在が抜け落ちていて、やっと今日が私的初日でした。要するに帰りのチケットを間違えて取ったのね。うん。

で、トーマの心臓ってこの劇団にとってはやっぱり特別なんだなぁって実感した。もう役者の気合が違うし、この世界観を本当に大切にしてるってヒシヒシと感じました。

つーかさぁ、つーかさぁ、誰が何と言おうと舟見君のサイフリート、私は大好きです。なんかさぁ、まさにエキセントリックそのもの。すげーただならぬ雰囲気漂わせまくってたもの。思わずサイフリートコスしたいとか思っちった。あのサイフリートならユーリが惹かれたのも分かる気がする。誰にでも悪に惹かれる部分ってのは持ってると思うのね。例えばあれくらいの思春期の年頃って、慣れた仕草で煙草を吸う大人に憧れたり、友達の家に遊びに行くと嘘を付いてオールナイトで遊んでみたいなんて思うことってよくあることだと思うの。でもそんな好奇心で触れるにはサイフリートはあまりにも悪魔的だったのね。うん。

で、芳樹さんはやっぱりユーリでした。ベッドの端に腰掛ける悩める姿は、見た目にも原作のユーリが抜け出てきたような錯覚に陥るほど。やっぱりこの人には不幸の香りが良く似合う。

山本ユーリや他の事も書きたいけど、夜ももう遅いし、なんかなかなか寝付けない気がするので、そろそろベッドに行こうと思います。

明日は曽世オスカーだ。楽しみぃ~。

life01.jpg


あ、舟見サイフリート・・・・・・のつもりね。


■■拍手する■■
Studio life | 2006/06/12(月) 01:41 | Trackback:(0) | Comments:(0)
5周年
昨日は某F木N人ファンから始まった須賀笑会の5周年記念を祝ってまいりました。名古屋からのメンバーとそのお友達も一緒で楽しい夜でした。

やっぱりココは居心地がイイ場所で、私には無くてはならない場所です。素直に自分自身でいられるし、何も飾ったり頑張ったりしなくていい。みんなすこく個性が強いけど、お互いに尊重しあって解り合ってる感じ。

スペインに移住しても(年に5回くらい帰国するけど・笑)私の居場所はココにあると実感。私がスペインに住むことに母親以上に心配してくれたり、スペインまで遊びに行くと言ってくれたり、出発する前にもう一度集まろうとさっそく予定を立ててくれたり、いつ帰ってきてもいつでも須賀笑は君を待ってると言ってくれた皆・・・・・・本当に、本当に皆愛してます!!


■■拍手する■■
未分類 | 2006/06/12(月) 01:13 | Trackback:(0) | Comments:(0)
これから~
ワイハーに遊びに行ってきま~~す。うほほ。


■■拍手する■■
未分類 | 2006/06/02(金) 16:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
笹塚
石笹はオフィシャルとしか思えません。笹塚が手術室で変態医師に何をされちゃうのかと思うとドキドキします。

other03.jpg




■■拍手する■■
未分類 | 2006/06/01(木) 00:22 | Trackback:(0) | Comments:(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。