プロフィール

どみまり

Author:どみまり
傾向:同人誌的要素を多分に含む婦女子的ブログ。

好き:サイボーグ009、家庭教師ヒットマンリボーン、鋼の錬金術師、BLEACH、魔人探偵脳噛ネウロ、ブラックジャック、Studio Life、thirbe、処刑人、24

推奨CP:24、山ヒバ、ディノヒバ、一ウリ、コナマフ、ジャキリジャ、ル五、ハボロイ、エドロイ、ヒュロイ・・・・・・萌えは日々増殖傾向にあります。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■■拍手する■■
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
忍者イリュージョン(ネタバレ有り??)
NARUTOのミュージカル見に行って来ました!!!

ま、まさかこんなにクオリティーの高い舞台だとは思ってませんでした。何せ私の中でWJ系のミュージカルのイメージって某鰤だけだったし、その枠の役者の芝居もまぁ似たり寄ったりだったから。なわけで私もそれくらいの気持で観にいったわけです。少し友達からはイイとは聞いていましたが、開けてビックリすごく良かった。

だってさ、だってさそりゃそうだよね、出演者をよぉく見たら、すんごいメンツ・・・・・・。綱手の愛華みれさん、宝塚の元男役トップスターじゃん。で、これがまた男勝りな綱手にピッタリ。男役プロをここに持ってきたのは正解だったと思う。もちろん宝塚で鍛えられただけあって、歌は上手いし仕草は綺麗。ホントにカッコイイ綱手だった。

敵キャラの手下コトノハの岡幸二郎さん、すごいミュージカルスターじゃん。一緒に行った友達が岡さんファンで話には聞いてたけど、有得ない歌唱力だよ。反則だよ。何オクターブあるんだよ。彼がソロで歌った場面は本当にゾクゾクものでした。本格的なミュージカルも観てみたいと思ったよ。

今回のヒロイン(?)のワカの新妻聖子さん、ミスサイゴンやレ・ミゼラブルでまさにヒロインやってた方じゃないですか。だけあってこちらも素晴らしい歌唱力。可愛らしい役を嫌味なくこなしてらっしゃいました。

皆さんその道のプロ中のプロというだけあって、演技も安定してるし、歌も安心して聴ける。つーか心揺さぶられる。このメンバーだけでもチケット分の価値は充分にあるんだと思う。

ナルトの屋良君は本当にナルトでした。あのちょこまかしててイタズラな感じと、身の軽やかさはナルト以外の何者でもなと思わせてくれた。彼に限らずMAの方々はさすがジャ○ーズというか、動きにキレがあるし、観ていて爽快。

サスケの町田君と我愛羅の米花君はちょっとお歌が不安定な感じがしたけど、それなりにちゃんとハマッてたと思う。オリジナルキャラコワネの秋山君も上手だったし、あとマナカナちゃんも想像以上に歌も演技も上手くてビックリ。舞台を観てダブルキャストの意味にも納得(笑)

そしてぇ、カカシ役、Studiolifeの永遠の好青年我らが岩崎大はというと、歌も踊りも少なめで、美味しいところだけ持って行ってた(笑)相変わらず噛むじゃないかとヒヤヒヤさせられたけど、それはライファーとしての母心ってやつでしょうか。ちょっとカカシをやるには好青年すぎたって気がしないでもないです。でもなかなか好評だったみたいですよ。

それぞれの術も上手く表現出来てたんじゃないかなぁ。特に我愛羅なんかどうするのかと思ってたけど、金色の大幕を使ってて、なるほどぉって感じでした。多重影分身もあれだけ揃うと圧巻。おいろけの術もとにかく笑ったし。とにかく全体的な出来も一つの作品としてのクオリティーを保っていたと思います。最後の木の葉の里の旗を背負ってのフライングは爽快でした。

個人的にレギュラーのネタが少し見れたのが満足。そしてちょっと前にFF12を終えた私にはバルフレアの声がたまらんかった。

次回のライズプロデュース『森は生きている』。笠原王子と青木君は継母と娘役なんだね(笑)ライズさん、そういう枠でLifeを使うことに決めたのか!?しかし王子の女役は門外不出では・・・・・・・ということで観にいくことに決定しました(笑)昨日の及チャンにしても、今日の大ちゃんにしても、他の役者のほとんどが手を振りつつはけていったりする中、ちゃんと客席に向かって深々とおじぎをするのにはかなり好感が持てました。

で、で、今日は友達と糖朝にランチに行ってね。やっぱりここのスイーツは最高だと思う!!!



P505iS0021758258.jpg



上がフルーツの豆腐花で下がマンゴーの杏仁豆腐。友達も私も粥を食べた後にそれぞれ2種類のスイーツを完食!!そりゃ腹もいっぱいだべぇ。
スポンサーサイト


■■拍手する■■
play | 2006/05/13(土) 02:28 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ROCK'N JAM(ネタバレあり)
観にいってきました~。もう惚れた!!誰にって。姉御ですよ、ア・ネ・ゴ。ナイスバデーと迫力のステージパフォーマンス。あの存在感は何なんだ!?恵子姉さん、あたしゃアンタについて行くよ。うん。
show-yaのライブも本気で行ってみたい。

other.jpg


で、studiolifeの永遠の少女、我らが及川健はというと・・・・・・観る前はテニミュと鰤ミュキャスト、Rolly、Show-ya、はたまた松岡英明というメンバーの中に何故及チャンが!?ミニチュアなキャストが必要だったのか!?なんて思っていたわけだけれど、もう出てきて数秒後には納得しました。だって被っていたシーツを脱いだらネグリジェだったんだもの。どうやらホルモンのバランスに異常ありの男とも女とも言えない役らしいです。というかむしろ女性寄り。女性よりも女性らしい仕草や口調。確かにあの役ができるのは及川健を置いて他にいないでしょう。伊達に長年女役やってないです(笑)ナイスキャスティング。

もちろん存分に彼の魅力を発揮していてくれたと思います。Rockのグルーブに身を任せ、弾けまくる及チャンはSutudiolifeの公演ではなかなか観れない姿ですよねぇ。踊りは綺麗でした。歌は・・・・・・う~ん、ノーコメント(笑)

ラストで伊達君と目配せして楽しそうに一緒に踊っていたのが印象的でした。どちらも可愛くてヨロシイ。伊達君は長身なのでかなりの身長差。ぶら下がるように肩を組む及チャンが可愛かった(笑)どこかのブログで読んだのですが、初日だったかに伊達君が後ろから及チャンの両腕を持ち上げて操っていたそうです。お~い、その人は君よりもかなり年上ですよぉ~。見た目は子供ですが(爆)だははは、かなり見てみたかったです。この二人仲がいいんですかね。なんだか嬉しいです。

舞台の全体的な感想はですね。普通に楽しかったです。普段ストレートプレイばかり観ているので、最初はインカムを通した声や、突然歌いだすような感じに違和感を覚えたけど、途中から慣れました(笑)後半くらいからは私の根底に流れるHR/HM(私的に懐かしい表記。ハードロック/ヘヴィーメタルの意味なんですよ)の血が騒いでました。でもやっぱり好きなキャストがいた方が楽しめるかも~~という感じの舞台かなぁ。どうでしょう。

で、同じ団体がプロデュースの次回公演『森は生きている』に笠原王子と青木君が出るみたいですね。こちらもテニミュキャストが多く出ているらしいです。多いですね、このコラボ(コラボか??)ROCK’N JAMのキャストも多数出演するようで、会場も同じなので、またインカムなのかしら・・・・・・う~~む。Bambinoで可愛い感じだったテニミュの方も出るみたいなので、チケット取ってみようかしら。でも、その時期ってthirbe君の怒涛のライブ月間じゃなかったっけ・・・・・・・。そちらが発表になるまで様子を見ることにしよう。


■■拍手する■■
play | 2006/05/12(金) 03:06 | Trackback:(0) | Comments:(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。